愛犬との日課になった室内遊び

私は室内で犬を飼っていて毎日欠かさず犬とおもちゃを使って遊んでいます。

もちろん犬のブラッシングとか犬の散歩とか毎日欠かさないようにしていることは他にもありますけど、散歩は天候しだいになりますし、雨の日の散歩は控える事が多いです。

以前に一度雨の日に散歩に行こうとしたら犬が嫌だったのか動かないことがありました。

玄関から出ようとしないのはその時ぐらいでしたね。

さすがに大雨だと散歩には絶対行かない。

悪天候の時は散歩は控えることにしています。

ブラッシングも抜け毛が酷い換毛期は毎日時間あれば、せかせかとブラッシングしていますが、換毛期以外だと2〜3日に1度のペースになりがちです。

 

天候に影響を受けず、季節に影響されないで毎日欠かせる事なく犬とおもちゃで室内で遊ぶ。

これが私の日課とも言える。

私自身が楽しいし癒される。

それもありますけどそれ以上に犬のコンディションがわかりやすいから毎日室内で犬とおもちゃと使った遊びに没頭していたりします。

様子がいつもと違うかどうかはそんなことしなくてもわかるもんなんですけどね。

 

でも犬の運動不足を予防できるし、犬のストレス解消にもなっているはず。なにより犬と遊びながらしつけもできるから一石二鳥だと思っています。

ロープトイを投げて取りに行かせる遊びもただ同じことを繰り返すのではなくて変化を混ぜたりするのが楽しい。

ロープトイを投げて犬が走りだしたら「待て」と指示して制止させたり、ロープトイをこっちにもってくる途中で「待て」と指示して制止させる。

それだけでいろんなバリエーションの遊び方ができる。

 

たまにロープトイを投げるフリだけして犬を騙してみると、投げた先であろう場所を一心不乱に探し続けて、これはおかしいといわんばかりの顔をこちらに向けてくる。

そしてノソノソと戻ってくる。

そういう様子を見ているのも楽しかったりする。

さすがに犬とおもちゃにしているようでバツが悪いのでおやつをあげたりして罪滅ぼししてますけど。

 

ロープトイはいろいろな遊び方ができて面白い。

投げる遊びだけでなく、ロープなので引っ張り合いもできる。

ロープトイの引っ張り合いでもたまに「待て」と指示して制止させたり、わざと引っ張り合いに負けてロープトイを取られて持っていかれたら、「持ってこい」と指示してもってこさせる。

本当にいろんなことができる。何より愛犬がしっぽをブンブン振っているのを見ると嬉しくなる。

ロープトイを使った遊びも始めはしつけの意味合いがメインだったのに、いつしかそれが薄れていき今では遊びと小運動がメインになっている。

犬を飼う
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント