犬のソファーでのケガに注意

私が飼っているポメラニアンはソファーの上がお気に入りのようだ。

よくソファーの上でくつろいでいる。

確かにソファーは柔らかく座り心地がいい。

わんこからしても同じなのだろう。

 

ただこのソファーは座面が床から高い位置にあるので、犬はジャンプして駆け上がらないといけない。

毎回わんこは助走距離を作ってから、人間でいえばクラチングスタートみたいなポーズをしてソファーを駆け上がっている。

そして降りる時はポーンとジャンプして飛び降りる。

ポメラニアンなどの小型犬はケガをしやすい。

このままにしておくとさすがに足腰をケガしてしまうかもしれない。

 

そう思い犬がソファーを上り下りするときに負担を減らせるようにソファー近くにブロックを設置した。

ソファーに上り下りするときに設置したブロックをクッションにしてくれれば少しはマシだろうと思った。

だけどせっかく設置したブロックをなぜかわんこは避けてしまう。

特に飛び降りるときなんて設置したブロックを避けようとするあまり、ブロックを超えた位置まで飛んで降りる始末。危険この上ない。

なんとかブロックを犬に利用してもらおうと、ブロックにタオルを巻いたり、ブロックの上にクッションを置いたりした。

けれども効果は無し、わんこはどうしてもブロックを避けようとする。

 

そこでブロックを諦めることにした。

問題のソファーは今はもう使う事がほぼないリクライニングできるタイプだったので足を置く部分をすこし稼働させてそこにできた隙間にクッションやタオルを敷き詰めてみた。

ちょっと傾斜がキツイ滑り台みたいになったので、この状態で様子を見てみた。すると犬はその部分を使って上り下りするようになった。

何も無いよりは幾分マシのはず、とりあえず安心した。

 

わんこは私が部屋を移動すればトタトタとついてくる。

私がソファーでくつろごうとすると必ずわんこも私の近くでくつろごうとする。

ソファーに座っていれば膝の上、ソファーで横になっていると私の前でくつろごうとする。めちゃくちゃかわいい。癒される。

そして最近はわんこが先にソファーで待っていることがある。

私が部屋を行ったり来たりしているときは最後にはソファーにくることを学習しているようだ。

 

わんこを見ているとソファーの上で私の動く方向を目で追ったり、耳で追ったりしている。

そしてしっぽが急に慌ただしくパタパタし始める。

私の出す音でわかるのか私にはわからないのだけど、わんこには次がどうなるかよくわかっているようだった。

犬を飼う
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント