シャンプーの泡立ちが悪いのは油分が原因?

シャンプー 雑学

シャンプーの泡立ちが悪い…

でもなぜか

美容室に行ったあと、しばらくの間はシャンプーの泡立ちがいい。

これはなぜなのか?

美容室で使っているシャンプーと、ふだん家で使っているシャンプーが違うから?

シャンプーするときの洗い方が間違っているから?

どうしても気になったので、ふだんお世話になっている美容室の方に聞いてみました。

スポンサーリンク

原因は油分

いろいろ理由はあるけど、一番の理由は油分が原因だろうと教えてもらいました。

シャンプー前に油分をしっかり取り除くようにしないと、泡立ちが悪くなるそうです。

油分=皮脂。皮脂の成分の多くは脂肪。つまり油ですね

そして油分をしっかり取り除こうとせず、シャンプーをする日々が続いてしまうと、そのうち全く泡立たなくなるそう。

言われてみれば、美容室から帰った日からしばらくの間、すごい泡立ちがいい。

なのに、日を追うごとにどんどん泡立ちが悪くなっていく…

これは油分がどんどん蓄積して、最終的に泡立ちが悪い状態になっていた、ということなんですね。

シャンプー前の下準備、前洗いが大事

髪や頭皮についた汚れや油分をしっかり取り除かないと、泡立ちが悪くなる。

なのでシャンプーをする前に下準備として、しっかりお湯で頭皮を洗うことが大事なんだそうです。

言われてみれば確かに髪を濡らしたら、すぐにシャンプーしてました。

これでは日を追うごとに、だんだん泡立ちが悪くなっていくそうです。

泡立ちに必要な空気

頭皮や髪の状態以外に、泡立ちに必要な要素があります。

シャンプー剤に水、そして空気です。

空気をしっかり混ぜ込まないと、泡立ってくれないのですが、これはテクニックの問題ですね…

シャンプーで洗うときに、空気を混ぜ込むという意識を少し持っているだけで、だいぶ変わるそうです。

なので少しだけ意識していればいいかもですね。

雑学
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント