衝動買いしてしまう脳のメカニズム

2019年11月28日に放送されたビーバップハイヒールの内容が、とても興味を引く内容だったので、少し私なりに簡単にまとめてみました。

衝動買いの原因は知らず知らずのうちに、私たちの脳が操られている事が原因だと説明する内容でした。

思い返せば衝動買いだったなと思う事が多い私にとっては刺さる内容でした。

皆さんの場合はどうでしょうか?最近ついつい衝動買いをしてしまった経験とか無いですか?

もし衝動買いを頻繁にしてしまうと思うのでしたら、見る価値が大きい放送内容だと思います。

スポンサーリンク

衝動買いの原因は脳に関係している

ついついムダ遣いさせる脳のメカニズムを説明する内容でした。

悪徳商法も脳に関係しているというのだから怖い話だ。

悪徳商法なんて関係ないと思っていても、その時になってからではもう遅い。

そして騙されないためにといっても、私が思うに先入観とか思い込みというものは、とても厄介だと痛感しています。

仕事でもなんでも失敗するときは、脳の思い込みや先入観が原因だった事が多い。

脳のメカニズムを分かりやすく説明してくれている今回の内容は、私にとってはとても興味深いものだった。

無意識に操られている?

わかりやすく、理解がしやすいように衝動買いのメカニズムを説明するために、ネットで宿を探す人を例にしていました。

その人はそんなに泊まるつもりもない宿をついつい予約して、いわゆる衝動買いをしていた。

背景としてネットで宿を探していたページを、何人かが閲覧している情報が開示されていた。

現在このページは10人の人が見ています、という情報を見て宿の部屋の数が限られているわけだから焦った様子でした。

実はこの時に宿を予約してしまった人は、無意識に脳内にある物質を巧みに操られていたというそうだ。

それはセロトニン、アドレナリンという物質。

セロトニンとアドレナリンとは?

セロトニンは精神を安定させる働きを持つ幸せホルモン、一方のアドレナリンは興奮や怒りの元になる物質。

セロトニンは日常生活でアドレナリンが増え続けないように抑える役目を担っている。

冷静でいるためにはセロトニンが大事な役割を果たしているというわけですね。

通常の買い物をする時はセロトニンの働きで精神の安定や冷静さを保てている。

しかし先ほどのように泊まる気は無くても、他人が見ているというメッセージがある事である事で、無意識に焦りや不安といったストレス感情が発生するらしい。

そしてそのストレスが原因で脳内のセロトニンが減少し結果、セロトニンによって抑えられていたアドレナリンがどんどん増えていき、興奮状態になってしまう。

私にも経験あるけど、他人が絡むと冷静さを欠いてしまう事が多い。

一人なら冷静でいられるけど、他の人が周りにいたりすると、冷静を装うけども内心は冷静ではない状態ってよく経験するので、私の脳の中ではこんな状態だったんですね。

結果、精神の安定が崩れ、興奮状態に陥った脳はやる気満々の状態になり、買うという決断のスイッチを入りやすくしてしまうわけだ。

セロトニンを減らす商法が世の中には数多くある

他にもタイムセールやセット割引、期間限定、残りわずかといううたい文句など、無意識のうちに不安や焦りを煽り、セロトニンを減らす商法が世の中には数多くあるというのだから、私たちはうまく手のひらで踊らされているというわけですね。

そう考えるとゾッとする話です。

その気にさせられていると認識しておける事が大事

そしてこうした脳のメカニズムを利用したニューロマーケディングと呼ばれる販売手法や広告戦略は、今多くの企業で注目されているというのだから、ますます私たちはうまく乗せられるようになっていくのかも…。

そして嫌な話だがこれを悪用し、詐欺や犯罪が行われることもあるというのだ。

私たちの脳が無意識のうちに、その気にさせられていることを知っておく事が大切と説明していました。

世の中にはあの手この手を使い、お金を使わせようとする商売や仕掛けがあるというわけだ。

詐欺や犯罪に巻き込まれる可能性も考えられる。

だからこそ自分の脳が今どういう状態なのか、正しく知る事が重要というわけだそうですね。

まぁ難しいけど。

自分が賢いと思っている人ほど、脳は簡単に騙されるのだそうです。

値段が理由の場合は買わない

セット売りを見ると買ってしまう衝動買いは、女性に多いかもしれない。

値段が理由で買ってしまう場合は必ず脳が騙されているそうだ。

値段が安いからという理由で買う場合は、欲しくないもの買わされているのだそう。

欲しいものは欲しいという明確な理由があり、安いから買う場合は安いからが理由になっており、結果的に欲しくないものであるそうだ。

衝動買いの対策として値段が理由の時は買わないようにする。というところだろうか。

セロトニンは増やす事ができる

冷静を保つために必要な要素のセロトニン。

そのセロトニンを増やす方法は、毎日ゆっくりお風呂に浸かること。

そして朝日をきちんと浴びることでセロトニンを増やす事ができる。

セロトニンそのものではないですが、セロトニンの元になっているトリプトファンを増やす食材として肉、ナッツ、大豆、チーズがあります。

また買い物で悩んで利した場合、一度自分をリラックスさせることで、セロトニンの量を平常な量に戻したり、増やしたりできる。

そうすることで必要なのか不必要なのかを、冷静に考えることができるようになります。

雑学
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント