アイスボーン突入から現在の防具まで

アイスボーンに突入したての頃は防御力の高さを重視して防具を選んでいました。

武器も強化派生先が???表示で最終的な性能がわからなかったのでワールドでお世話になった武器を強化して派生させるようにしていました。

ある程度進めたところで炎王龍テオ・テスカトルを討伐したことをきっかけに防具の見直しをしました。

テオの素材で作成できるカイザー防具を3つ用意すればシリーズスキル炎王龍の武技、達人芸が発動するからです。

ワールド時代御用達の達人芸。

会心が発生すれば切れ味が消費しないという近接剣士にとってはとてもありがたい性能をしている。

ワールド時代はベヒーモスの素材で作るドラケン装備かテオ・テスカトルの素材で作るカイザー装備で達人芸が発動するので、この2つの装備はよく見かけました。

 

アイスボーンをさらに進めると登場したイャンガルルガ。

最初に遭遇したのは確か導きの地だったかな。

このイャンガルルガの素材で作る足部位の防具がとんでもなくカイザー装備と相性が良くてカイザー以外でも愛用しています。

EXガルルガグリーヴβの性能は見切りレベル2がついていて4スロと2スロと2スロの空きスロットがついています。

空きスロットが優秀過ぎるのに見切りレベル2とかこれを超える足防具はこの先出てくるのかな?わくわく

 

私はどうしてもキノコ大好きというスキルが欲しかったのでサークルメンバーと闘技場でコインを集めてEXクロオビメイルβを作りました。

キノコスキルはレベル3にするとマンドラゴラが食べられるようになります。

マンドラゴラの効果は秘薬と同じで瞬時に体力を全回復する優れものなので私はこれなしでは生きていけない。

同じくレベル3で食べられるようになる鬼ニトロダケは強走薬と同じ効果がある。

スタミナゲージの最大値は時間とともに減少していくので導きの地でも通常クエストでもスタミナゲージを回復させるために携帯食を頻繁に使用していた。

その携帯食を手に入れるのが面倒で面倒で…。

食事場で素材を渡してクエストを挟んで受け取らなくてはいけない。これが面倒だったので植生研究所で栽培できるキノコで代用したかった。

なので今現在でもキノコスキルは欠かさないようにしています。

キノコスキルのレベル2で食べられるようになるニトロダケやマヒダケも地味に便利だし。

ニトロダケは攻撃力をマヒダケは防御力を少し上げる効果があります。スキル攻撃レベル2を発動させたくらいの効果だったかな

 

11月3日現在の装備はハンマーが達人芸を発動させている頭からEXカイザー、EXクロオビ、EXカイザー、EXカイザー、EXガルルガ。

大剣装備が冰気錬成を発動させたEXラヴィーナ、EXラヴィーナ、EXラヴィーナ、EXアンガルダ、EXラヴィーナです。

アイスボーン
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント