【MHWI】意外と知らない人が多い?各種スリンガー弾の特性(大型モンスターの落とし物編)

mhwi アイスボーン

前回はフィールドから獲得できるスリンガー弾の特性について紹介をしました。

今回は大型モンスターの落とし物や2回組の傷つけで獲得できるスリンガー弾の特性について紹介します。

スポンサーリンク

大型モンスターの落とし物などで獲得できるスリンガー弾の特性

大型モンスターの落とし物や2回組の傷つけで獲得できるスリンガー弾として、可燃石・粘着石・尖鋭石・滅龍石の特性について

可燃石=爆発弾

モンスターに着弾すると爆発して、そこそこのダメージを与えることができる。

爆発時にはモンスターをよろけさせる効果もある。

 

初期取得は3、スリンガー装填数アップで4まで増える。極意発動で5。

ガンランスの起爆竜杭の持続時間が300秒、スリンガー装填数アップで340秒まで伸びる。極意発動で380秒。

 

粘着石=着撃弾

個人的に一番好きなスリンガー弾。

着弾位置に張り付き、攻撃を加えると打撃効果のあるダメージ判定が発生する。

怯ませる効果は低いが、気絶値が高いという特性があるため、積極的に頭部に撃ち込みたい。

頭部に全弾発射するため、ぶっ飛ばしと相性がとても良い。

ぶっ飛ばしダウン→スタンによるダウンと、長時間拘束が可能。

 

初期取得は2、スリンガー装填数アップで3まで増える。極意発動で4。

ガンランスの起爆竜杭の持続時間が300秒、スリンガー装填数アップで360秒まで伸びる。極意発動で420秒。

ガンランスの起爆竜杭として装填するスリンガー弾の中で、最も長い持続時間を誇るため優秀である。

尖鋭石=貫通弾

多段ヒットさせることができるスリンガー弾で、頭から尻尾まで貫通させるように撃ち込めば、そこそこのダメージになる。

多段ヒットのため、怯ませ効果も高い。

モンスター逃亡阻止でよくお世話になる。

さらに尻尾の切断も可能らしい。

 

初期取得は3、スリンガー装填数アップで4まで増える。極意発動で5。

ガンランスの起爆竜杭の持続時間が300秒、スリンガー装填数アップで340秒まで伸びる。極意発動で380秒。

滅龍石=滅龍弾

龍属性のダメージを与えることができるスリンガー弾。

単発で撃ち込んでも怯んでくれないが、数回ヒットさせると怯ませることができることもある。

ベヒーモスでは複数ヒットさせるだけで、お手軽に敵視を奪うことができたため、大活躍したスリンガー弾でもある。

本来ベヒから敵視を奪う場合、頭に多段ヒットの攻撃を加える必要があったが、どこでもいいから適当に滅龍弾を数回ヒットさせるだけで、敵視を奪うことが可能だった。

なお、アイスボーンでは武器によるが、クラッチ攻撃だけで簡単に敵視を奪える模様。

 

龍封力を秘めている唯一無二のスリンガー弾でもある。

しかし知っての通り、龍封力自体が空気のような存在なので、何かと惜しいスリンガー弾でもある。

 

初期取得は7、スリンガー装填数アップで8まで増える。極意発動で9。

ガンランスの起爆竜杭の持続時間が180秒、スリンガー装填数アップで190秒まで伸びる。極意発動で200秒。

…なぜかモンスターから獲得できるスリンガー弾の中で、断トツで持続時間が短い。

アイスボーン
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント