【MHWI】まずはエゴエゴエを目指してみよう

mhwi アイスボーン

ワールドからアイスボーンへと戦場が移り、もはや伝説となりつつある2大苦痛モンスター。

ナナとクシャ…

この2大モンスターとは戦わないことが正解なんじゃないかと言われるほど、敬遠されるフルストレスのカタマリ…

ステップ攻撃ステップ回避を繰り返すモンスターにも霹靂することがありますが、別次元のレベル。

これは戦ってみれば痛感できることではあるが、設置技の多さとその持続時間、風圧によるこちらの拘束、飛んで降りてこない、異常なスリップダメージ、竜巻によるリアル視界妨害などなど…

ナナに関しては対策スキルを積めば、別ゲーに変わったかと錯覚するほどストレスからは解放されるけど、クシャに至っては相変わらずの近接はお断り…

ここで問題なのはクシャの防具はともかく、ナナの素材で作れるエンプレス防具はとても優秀であるということ。

最近ワールド始めましたって初心者にもオススメできるし、ゴルルナとの組み合わせは天下一品。

さぁ、今日もナナ素材収集のお手伝いをしますよ

スポンサーリンク

エゴエゴエは要必見

mhwi

エゴエゴエとは、頭からエンプレス、ゴールドルナ、エンプレス、ゴールドルナ、エンプレスを装備したもの。

ワールドを始めてアイスボーンまで一直線に飛んできた初心者ハンターさんにオススメしている防具の組み合わせです。

スラアクによるパンパンゼミ戦法でも採用されることが多い構成。

整備の極意と精霊の加護の極意が発動していて、どちらもスキルレベル5までデフォでついてくるので、難易度が高いクエストでも安心安全で優秀です。

このエゴエゴエで一通りプレイして、慣れたらカイザーとか他の装備をオススメしていますが、スロット穴も優秀なので全然第一線でも活躍できます。

一家に一台、マイセット。

ナナを相手にする時は対策装備を

とはいえ、ハンターを始めたばかりの人はよくナナでつまづくようです。

ナナ必殺中のスリップダメージ後に溶けることが多いとのこと。

ハリウッドジャンプを繰り返してやり過ごす方法や回復カスタムによる関係なく殴り続ける方法もありますけど、まずは対策装備から

体力増強、風圧耐性のこの2つは必須。

耳栓もあるとさらにストレスフリーになるし、安全にもなるので便利。

火耐性スキルに関しては耐熱の装衣で十分だと思います。

実際に対策スキルを積んだ状態だと本当に別のゲームをしているくらい世界が変わるので、まずは対策スキルを積むところからスタートしましょう。

ちなみに閃光弾は厳禁。必殺技のお返しだけ貰うことになります

そもそもナナってなんであんなに風圧を発生させているのだろうか…

設置炎にスリップダメージ、必殺のヘルフレア、自動追尾熱波…

欲張り過ぎるナナちゃん…

え?クシャ?

…そんなモンスターは存在しない、いいね?

アイスボーン
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント