マスクは再利用可能かどうか

ドラッグストアやコンビニでマスクの売り切れが続出。

これは新型コロナウイルスによる肺炎への不安が影響している。

私の地域でも、しばらくマスクが棚に並んでいるのを見ていない。

こうした状況が続いているので、まだまだマスク不足は続きそうだ。

こうなってくるとマスクはどれくらい続けて使用できるものなのか、マスクを洗えば再利用できるものなのか気になってくる。

実際そうでもしないと、どうにもならないようになってしまった。

スポンサーリンク

マスクは再利用できる、ただし状態による

マスクは再利用はできます。

ただしマスクの状態にもよるが、せいぜい1回2回まで。

何度も再利用しようとするなら、ガーゼの上からマスクをする必要がある。

そしてマスクを長時間着けていると、マスクの表面にウイルスが付着している場合があるので、連続で使用するのは避けた方がいいです。

意味合いは全然変わってしまうけど、花粉症で悩んでいる人の中には、以前からもマスクを洗って再利用している人は珍しくなかったし。

マスクの性能、無防備な目

ウイルスには空気感染するものと飛沫感染、接触感染するものがある

空気感染するものの代表的なもので麻疹(はしか)がありますが、このようなウイルスはマスクを通過するため防ぐことはできません。

新型コロナウイルスは飛沫感染、接触感染なのでマスクである程度は防ぐことはできます。

感染していない人が予防としてマスクをすることは有効ですが、問題はマスクで保護している口や鼻以外の部分。

それは目。

インフルエンザもそうですが、ウイルスがついた手で目をこすってしまうと感染します。

つまり感染していない人が予防としてマスクをするのであれば、それは不十分であり、保護メガネかゴーグルをする必要があるということなんです。

普通のメガネでも正面から飛んでこない分、マシかもしれないです

雑学
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント