愛犬の散歩から帰ったときのお手入れについて

室内で犬を飼っているので犬との散歩から帰ってきたら犬の手足の汚れを取ってあげないといけない。

さすがに手足が汚れたままで家にあげる飼い主さんはいないだろう。

…いないですよね?

 

私の場合は犬と外に出た時にどのくらい汚れたかに注視して手足の汚れを取るようにしています。

雨上がりで地面がドロドロしている状態だったら当然犬の手足は結構汚れる。

なので念入りに汚れを取ってあげないといけない場合が必要が多い。

車に乗せて移動先で少し外に出してあげただけの時は当然そんなに汚れない。

なのでその場合は軽く汚れを取ってあげるだけでいいことが多い。

犬の手足の汚れを取ってあげる時は濡れタオルで手足を拭いてあげる場合もあるし、お湯を用意して手足を洗う場合もある。

その時に気を付けるようにしているのが犬の手足を濡れたまましておかないこと。

乾いたタオルで軽く拭く程度で乾かすことが多いけど、お湯を使って洗ってあげたあとはドライヤーでしっかり乾かすようにしています。

 

詳しくは知らないけども犬の手足を濡れたまま放置すると炎症を起こすと聞いた事があり気を付けるようにしている。

私自身手や足が濡れたままでいるのは気持ち悪いし犬も同じなんじゃないかな。

以前愛犬の手足を濡れたままにしてしまったことがあり、その時は手足をずっと舐めていたのでやっぱり気になるんだと思う。

中には犬との散歩から帰ると毎回手足のシャンプーをする人もいるらしい。

 

確かに手足がドロドロになってしまったのであればシャンプーしてあげた方が早くていいかもしれない。

ただそこまで汚れることが稀なので私の散歩コースだと毎回シャンプーする必要はないかな。

 

以前は犬用のウェットティッシュで手足を拭いていたりしていたけど今では濡れタオルをメインで使っています。

犬用のウェットティッシュはお出かけ先用にしています。

 

関係ないことだけど犬用のウェットティッシュを使用したときによくフタをしっかり閉めずにおいてしまうことあった。

結果ウェットティッシュが乾いてしまい全然ウェッティーじゃ無くなってしまうことがよくありました。

新しいウェットティッシュを買ってきて古い乾いてしまったウェットティッシュを捨てようとしたとき、もったいないなと思い水を吸い込ませてみたことがあります。

ウェットティッシュを復活させようとした結果、使用するとまずいんじゃないかと思うくらい悪臭を放ってしまい使い物になりませんでした。

水で復活させようとする場合は冷蔵庫で保管すればいいらしく、常温で保管すると腐ってしまうらしいです。

まぁもう二度としませんけど。

なので今後ウェットティッシュが乾いてしまったら家具や家電についた埃取りに使うことにしています。

何と言っても犬用のウェットティッシュは持ち運びに便利だしあれこれと使えるので重宝しています。

犬のお手入れ
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント