アイスボーン、やっとモギーの捕獲に成功した

食事スキルのネコの生物博士を発動させてから日の出と日の入り時間を狙って導きの地に何回も何回も出発していました。

けれどレア環境生物のモギーを発見できず、そのたびに帰還を繰り返していました。

そんなモギーにはさらに地域に対応したレアなモギーがそれぞれの地帯にいるというのに…。

なかば諦めながらも日の入りと日の出の時間を狙って導きの地に出発していたところ、ついに発見しました。

日の入りや日の出にしか出ないとされていたモギーが何故か昼間にいた。とっさの事で慌てて捕獲網を乱射してついにモギーをゲット。やったー。

モギーの確実な捕獲方法

今まで捕獲マラソンをして一度も発見すらできなかった私のやり方です。

まず食事スキルのネコの生物博士を発動させる。

そして日の出か日の入りのマークになっている時に導きの地に出発する。

そして次の日の出か日の入り時間を過ぎるまでキャンプで放置か採取をして時間を潰す。

時間が過ぎたら隠れ身の装衣をもってモギーの出現エリアを順番に回っていく。

モギーを発見した場合は近づく前に隠れ身の装衣で姿を隠し、モギーの頭が地面から出ていることを確認してから捕獲ネットで捕獲するといい。

モギーの頭が地面から出ていないと捕獲はできないし逃げられてしまう。

ネコの生物博士を発動させてモギーの出現率をあげておいて一度出現さえすれば昼間でも夜でもどうやら出現したままになっているようです。

これは導きの地に出発した時間帯が影響するのかは未確認ですが私は捕獲が目的ならば日の入りか日の出を狙って導きの地に出発しています。

出現場所に関しては調べれば詳しく教えてくれるところがあるのでそこを活用するといいです。

捕獲用の専用装備を準備しよう

モギーは隠れ身の装衣を使用してる状態じゃないと近づくと逃げてしまう。

さらにモギーは大型モンスターが近づくだけでも霧散してしまうらしい。

時間が過ぎるまでキャンプに待機するか採取に走るか出現しているモンスターとじゃれつくかは自由。

採取に走って時間を潰す場合なら整備や威嚇、地質学があると快適になるので専用装備を準備しておくといいです。

モギーのレア種について

私は導きの地の溶岩地帯のレベルが7だったので溶岩エリアでモギーのレア種であるノーティモギーを発見することができた。

ヘドバンしているモギーだったのでわかりやすかった。

もちろんしっかり捕獲しました。

初のレア種モギーゲットです。

地帯レベルでレア種のモギーが出現する確率が変わるようです。

もし地帯レベルを変える予定があるのであればレア種のモギーを捕獲しておいてからの方がいいかもしれないです。

アイスボーン
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント