【ゾッとした体験】カーナビ

ブログ

もう何年も前になる話になりますが、

今でもよく覚えているというか、忘れることができないゾッとした話です。

 

 

旅行2日目の夜。

宿に戻ろうと、いつものようにカーナビの指示に従って車を走らせていた。

土地勘もないので、大雑把にカーナビに頼るスタイルの私。

 

ある程度宿に近づけば、あとはカーナビに頼る必要はない。

そんないつもの感じでカーナビの指示に従っていたら、あきらかにおかしな方向に案内を始めた。

そう思った理由は宿に戻るために、この国道をもっと進む必要があることが、私にはわかっていたから。

 

 

ショートカットできる近道なのかな?

と疑問に思うことはあったが、カーナビの案内するままに車を走らせた。

 

 

周りに家やお店がどんどん見当たらなくなって、なんか変だなと思っていると

カーナビが突然

 

目的地周辺です。

 

突然過ぎて、ビックリした。

そうでなくても、突然のナビの発する音にビックリする私なのに…

 

 

というか周りに何も無い…。

辺りが暗くて、見えるのは外灯と山の斜面くらい…

山の斜面くらいしか見るものがなかったので、最初はわからなかったが

斜面が墓地になっているようだった。

 

 

あ〜やだやだ。本当に勘弁してほしいと思いながら

すぐにカーナビに宿まで案内させようと、宿を再設定すると

 

案内を開始します

ポーーン

目的地周辺です

 

ルートの確認で見た宿は全然離れているのに、いざ案内を開始すると現在地になってしまう。

壊れたの?もう本当に勘弁して…

同時に背筋が寒くなった。

 

 

もう何やら嫌な予感しかしなくて、不吉な感じが半端なかったので

とにかく来た道を戻ることにした。

 

Uターンして戻る途中に、コンビニがあったので逃げるように立ち寄った。

 

 

 

カーナビに頼ることは諦め、スマホで位置を確認して、宿まで戻ることにした。

このとき、なぜかスマホの動作が重かった。

 

何でもかんでも変な方向に考えすぎなんだと自分に言い聞かせ、宿まで車を走らせた。

 

それでも雰囲気にあてられてしまったためか、妙な重い空気というか気配が、ずっと付きまとっているような感覚が寝るまで続きしんどかった。

 

後日、カーナビについて調べていたら、行き止まりまで誘導されたとか、気付いたらお墓だったとか、崖の近くで危険だったとかいった話がたくさんあって、青ざめてしまった…

ブログ
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント