ポメラニアンはオスとメスで違いがある?

dog ブログ

はい、こんにちは。ハルと申します。

最近ペンタブを購入しました。

さっそくイラストに挑戦したのですが、思うように描くことができない現実と直面してしまい、しょんぼりモードです…

dog

 

でもめげません。描き続けていれば、いつかきっと…。ムフフ……

 

 

 

さて今回はポメラニアンのオスとメスではどう違いがあるのかを語りたいと思います。

 

 

 

あ、ちなみに私の飼っているポメラニアンは女の子です。かわいいです。たまりません。

dog

 

 

さてさてポメラニアンのオスとメスではどういう違いがあるのでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

体格の違い

まずオスとメスの体格の違いについて

パッと見ただけでは、見分けがつかないほど、オスとメスでは体格に目立った違いはありません。

が、よ〜く見るとオスの方が大きいです。

並べて見ると大きさの違いは、わかりやすいです。

 

 

性格の違い

ポメラニアンのオスとメスの性格の違いについて

オスはわりと素直な性格をしていて、言ってしまえば単純なんだそうです。

メスは主張がハッキリしているとよく言われていますね。

 

 

う~ん、でも私のポメ(女の子)は単純な性格しているなぁと、しょっちゅう思うことはあるけど

でも、主張がハッキリしているというのは確かにそうかも。

お散歩のときに方向によっては行きたくない・帰りたくないという主張がすごいし…

オスだとそうでもないのかな…それはそれで羨ましいかも…

 

 

それにしても体格が大きいオスの方が大人しくて、体格が小さいメスの方が活発というのは、見た目とはギャップがありますねぇ。はぁかわいい。

 

外見の違い

じつはオスの方が美しいそうです。

オスはメスに選ばれるために、美しさが必要なんだそうですよ。

なので、飾り毛が立派で美しいオスが、多くなりがちなんだそうです。

dog

 

なるほどなるほど、オスの方が飾り毛も立派なのは、なんとなく納得。

ポメラニアンに限ったことではないけど、外見はカット次第って部分もあるけどね

 

 

私のポメはブラシしてあげると、とろろ〜んとするので、私自身にとってもこの時間がお気に入りだったりします。

 

 

 

習性の違い

オスの方が吠えやすい傾向にあるそうです。

これは男性ホルモンの影響。

男性ホルモンは警戒心を高める作用があるので、オスの方が吠えやすい傾向になるようです。

ただ、早期に去勢した場合は、それほどでもないそうですよ。

 

 

ポメラニアンって懸命に吠えているときに、耳が無くなるんですよね〜

耳どこいった!?って姿になるのが、なんともキュート…

dog

 

 

コミュニケーション能力の違い

ポメラニアンはメスのほうが甘え上手だとよく聞くのですが、これには疑問が…

というのも知り合いのポメ(男の子)は、めちゃくちゃ人懐こい性格で、すごい甘えてくるというか社交的なのかな?

なので、オスとかメスとかは関係無いのかなぁと個人的には思ってます。

 

 

食欲の違い

オスのほうが食欲旺盛、メスはちょっとムラが目立つ…

まぁ身体が大きいほうが、必然的に食べる量が多くはなるでしょう。

そしてメスは食欲にムラがありがちになるのは、どうやら女性ホルモンの影響だそうです。

『エストロゲン』という女性ホルモンが、食欲を低下させることがあるので、とくに発情期などは食欲にムラがでるようです。(鼻ほじ)

ハッ!?失礼しました。

 

 

 

体臭の違い

オスのほうがニオイが強めなんだそうです。

これは『テストステロン』が影響しているから。

これも男性ホルモンの一種ですね。

dog

ただ、早期に去勢すると体臭が弱めになる傾向があるそうです。

 

 

 

 

はい、すいません。

そろそろお時間です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

またお時間があれば、お付き合いくださいね

 

 

 

dog
ブログ
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント