【MHWI】とにかく生き残れ!まずはそこから!生存スキル紹介

mhwi アイスボーン

この間、火力スキルをしっかり積んでないと迷惑かな?と悩んでいたハンターさんがいた。

聞けばどうやら連続でキャンプ送りにされてしまい、自信を無くしてしまったらしい。

生存スキルをたくさん積みたいが、スキルを確認されたときのことを考えると、自分だけ生存スキル盛り盛りというのは、なんだか申し訳ない気持ちになるそうだ。

なんだかとても応援したくなるハンターさん、気にしなくてもいいんどすえ

連続キャンプ送りなんて、なるときにはなるし

でも連続でキャンプ送りされたときのブルーな気持ちはよくわかる。

なので参考程度に生存スキルについて紹介させてください

スポンサーリンク

優先すべきスキル

体力増強

まずはとても有名な体力増強。ほぼ必須と言ってもいいスキル。

ソロなら不要になることもあるけど、マルチなら大事。積まない理由がない。

耐性スキルなど

お世話になることが多い気絶耐性から属性耐性までのスキル。

属性耐性はそれぞれ20まで上げると、それぞれの属性やられを無効にできる。(例、火耐性20で火やられを無効できる)

耐性スキルはモンスターに合わせて積むことになる事が多く、とても大事になる。

例えばテオを相手にするなら気絶耐性や火耐性が20になるようにスキルを積むと、比較的安全に戦えるようになる。テオ相手に気絶無効や火やられ無効はかなり頼りになりますよね。

ヴァルハザクなら瘴気耐性、ナナなら風圧耐性や火耐性といったようにモンスターに合わせることが大事。

キリンなら気絶無効、麻痺無効、できるだけ雷耐性をあげておく。

特定のモンスターに関わらず、被弾することが多いのであれば、気絶耐性は積んでおいた方がいいと思います。

精霊の加護

とてもオススメなスキル。

プレイヤーが受けるダメージを一定確率で減少させる

というもので、スキルが発動するかどうかは運次第なのだけど、その効果は絶大。

後で紹介する防御を積むくらいなら、精霊の加護の方が安心安全。

なによりコストが軽いので気軽に積みやすい。

なので、シリーズスキルの精霊の加護・極意でレベル5まで積む価値は十分ある。

極意ありの精霊の加護5はスロット穴が優秀な防具に自然についてくるので、その点でもグット。

防御スキルについて

防御スキルに関しては、限定的に有用ではあるけど、ほとんどの場合は不要になる。

防御7まで積んだとき、防御力を1.1倍し、防御力+35、全属性耐性値+5となる

これだけ見るとスゲー効果がありそうだと思うかも知れないけど、マスタークラス・アイスボーンではほとんど効果がない。

歴戦モンスターを相手にすると、トータル防御力900だろうと1000だろうと、受けるダメージはほぼ変わらない。

防御7を積むことで歴戦モンスター相手に連続で被弾できる回数が増えるのであれば、積む価値は十分あるけど、積んでも同じ回数しか連続で被弾できないので積む価値はないとしか言えない。

コストも重いし、精霊の加護が強力だし、そういうことです。

ただし、限定的には有用だったりします。

それは防具のカスタム強化がまだの場合。

この場合は積む価値は十分あります。

目に見えてダメージを抑えれるのでアリです。

 

大事なのはモンスターに合わせて耐性スキルを選ぶことですね

アイスボーン
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント