【MHWI】特殊個体・氷刃佩くベリオロス登場

mhwi アイスボーン

本日8月7日、特殊個体モンスター【氷刃佩くベリオロス】が登場。

要点だけまとめると

  • 出現エリアはエリア7の中央寝床(マップで見て中央キャンプのすぐ上)
  • 凍結ブレスを吐いてくる(竜巻ブレスは削除された模様)
  • 凍った地面に触れて凍結状態に陥ると、ほぼ確実に追撃を受けてしまう
  • ジャンプボディプレスを多用してくる
  • 怒り状態だと、ジャンプボディプレスを連続で2回仕掛けてくる
  • ジャンプボディプレス以外、ほとんどが低威力
  • 通常個体に比べると、あからさまにステップ移動が減った
  • 通常個体に比べると、隙だらけで殴りたい放題
  • 体力が異様に低く感じる
  • 通常個体と比べると、はるかに戦いやすく、そして弱い…
スポンサーリンク

出現エリアは中央キャンプからが近い

出現エリアは中央寝床なので、中央キャンプからだと早い。

戦闘になるエリアは四方を壁に囲まれているようなものなので、壁ドンが狙いやすい

ソロなら壁ドンが2回余裕で狙えるので、不動の装衣など便利。

瀕死になると、エリア移動をするがすぐ戻ってくる。

そしてすぐに寝始める。

(戦闘があったところで寝始めるとか、自殺行為だよ…)

地面を凍らせる凍結状態が厄介

イヴェルカーナの地面を凍らせる攻撃とほぼ同じだが、凍らせてくる頻度が氷刃佩くベリオロスの方が圧倒的に多い。

凍っている地面に触れてしまうと、こちらの行動が全てキャンセルされて、ノロノロ移動しかできなくなる。

そのため、ほぼ確実にジャンプボディプレスなどの攻撃を受けてしまう。

ちなみに凍結状態は耐氷の装衣でも防げなかった。

凍結状態からの確定攻撃は持っているものの、ほとんどの攻撃が低威力なので、凍結状態にだけ注意すればいい。

通常個体より戦いやすく、そして弱い

通常個体はステップ移動とステップ攻撃オンリーで、とにかく戦いづらかった。

常時追いかけっこ状態で、せわしなかった通常個体が不評だったためかどうかわからないが、特殊個体はそういう部分が改善されたといわんばかりに戦いやすく調整されている。

結果的に戦いやすくなったが、どうしても通常個体よりも弱く感じてしまう。

(そもそも通常個体の調整がおかしかったというほうが正しいのかも…)

そんなわけで、竜巻ブレスも没収された特殊個体の氷刃佩くベリオロス君でした。

氷刃佩くベリオロスで作成できる武器と防具

防具に関しては1部位で発動できる抜刀術(力)が冰気錬成採用の大剣に使えるかな?といったところ

ほかに強力なシリーズスキルやスキルが多く存在しているので、ムリして採用するほどでは無い感じ

武器に関しては、マム武器の抗菌には性能で負けているが、これから激昂するラージャンや猛り爆ぜるブラキディオスに挑戦する層にはオススメ。

双剣だと、同じ氷属性武器にブランハチェットが存在する。

こちらはパーツ強化が可能で、比較的に早い段階で作成できることが利点となっており、スロ穴もあるため使い勝手も強さの面でも優れている。

しかし、パーツ強化には導きの地の素材が大量に必要になるため、パーツ強化ができない場合だとベルゲルヴァトラのほうが強い。

最終的には抗菌一択だが、パーツ強化が可能な状態なのかどうかで、ブランハチェットかベルゲルヴァトラのどちらかを選択するといい。

 

ちなみにオトモの防具はとってもカワイイ

アイスボーン
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント