愛犬、ポメラニアンのトリミング

dog 犬と暮らす役立ちガイド

ポメラニアンのトリミングには、柴犬カットやくまちゃんカットなど、いろいろなスタイルが存在しています。

そんなトリミングにおける、4つの

 

スポンサーリンク

ポメラニアンのトリミングのメリット

ポメラニアンのトリミングには毛玉や汚れ防止、お手入れや掃除が楽がラクになるというメリットがあります。

また、愛犬に服を着せることが多い場合は、服を着せやすくなるメリットも。

 

ポメラニアンの毛は細く、長い特徴がある。

さらに毛量もあるので、毎日頑張ってブラシをかけても、毛がからみやすいし毛玉もできやすい。

なので、毛を短くすると、ブラッシングで毛がからみにくくにり、毛玉もできにくくなるというメリットがある。

毛を短くした分、抜け毛も減るので掃除がラクになるという面もあります。

 

一度毛を切ると、そのあと伸びない?

一度毛を切ると、そのあと毛が伸びないということが、まれにあります。

この原因はよく分かっていませんが、カットや手術で毛を刈ると、毛が伸びてこないことがあります。

これは「毛刈り後脱毛症」と呼ばれる症状です。

毛が伸びてこない状態ではあるが、皮膚に異常があるわけでもなく、1〜2年後に再び毛が伸びてくることもあるようです。

ちなみにカット後に毛が伸びてこないケースよりも、カット後に毛質が変わることの方が多いです。

 

毛を長くしたままのポメラニアンで気をつけること

ズバリ、排泄物の付着に気をつける。

毛が長いままだと、ウンチやオシッコの汚れが付着しやすいです。

汚れたときにシャワーなので洗い流すことが多いと思いますが、そのあとの乾燥はしっかりすること!

洗い流したあとの乾燥が不十分で、お尻に毛玉がたくさんできている長毛ポメラニアンが多いような気がします。

多少面倒でも、ドライヤーで毛をとかしながら、きちんと乾かしてあげましょう。

 

汚れがつきにくいように、お尻まわりだけでも、毛を短くしておくのもいい考えだと思います。

 

コメント