愛犬がお手入れを嫌がる場合の解決法

dog 犬と暮らす役立ちガイド

愛犬がブラシでのお手入れなどを嫌がってしまう場合に、効果的な解決方法をひとつ、提案させてもらいます。

それはごまかし作戦

愛犬が興味を強く引くもので、ごまかそうという至ってシンプルな作戦です。

シンプルですが、対愛犬に強力な効果を見込めます。

 

スポンサーリンク

うなる・噛むのはお手入れに慣れていないから

慣れていない事をされるのが、苦手と感じる愛犬の場合、うなるなどの行動にでることがある。

要は嫌がっているということ。

 

無理やりお手入れを強行しようとすると、噛んだりうなったりする。

うなる・噛むというのは嫌がっているサイン。

これは過去のお手入れで、痛い思いをしたなど、嫌な思いや経験が原因の場合も該当します。

お手入れでうなる・噛む仕組み

  • 慣れていないことは嫌だから噛む・うなる。
  • 過去に嫌な思いをしたから噛む・うなる。

         

  • 飼い主さんが途中でやめる

         

  • 噛んだりうなったりすれば、やめてもらえると覚える

         

  • お手入れのときは噛んだり、うなったりするようになる

 

ごまかし作戦、興味を引くおやつ・おもちゃで夢中にさせる

おもちゃの中におやつを詰めて、愛犬の気を引きながら、お手入れをササっと済ませる。

おやつ単品で気を引いてもいいし、好きなおもちゃがある場合はそれでもいい。

愛犬が夢中になって、楽しい気分の間にササっと済ませましょう。

最初から欲張らずに、短い時間から慣れさせるといいかも。

徐々にお手入れ時間を長くすればいいですね。

ごまかし作戦でお手入れが楽しいものであると認識させる

愛犬がお手入れを楽しいものであると認識させることができれば、飼い主さんも愛犬も幸せになれる。

部屋で一緒に過ごしているなら、気になるのが抜け毛。

部屋に落ちる抜け毛が減れば、飼い主さんも掃除が楽になりますし、

愛犬もお手入れでスッキリ、お互いwinwinですね。

楽しい気分でお手入れできれば、それは充実した愛犬ライフと言えますし、

そうでないならそれは少し寂しいと感じてしまいます。

 

お手入れの時間は楽しいものであると、愛犬に認識させることが大事なんだと私は思います。

 

余談

お手入れしている時間が好きな私は、ついつい長めにお手入れしてしまう。

最近はお手入れをササっと済ませて、余った時間を愛犬のマッサージに費やしています。

コメント