愛犬、ポメラニアンの気持ちを読み解く

dog 犬と暮らす役立ちガイド

残念ながら、愛犬と会話することはできない。

会話することはできないが、しぐさや行動で気持ちをいっぱい表現する。

 

何してるんだろう?

何考えているんだろう?

今どんな気持ちなんだろう?

 

と思ったり考えたりしませんか?

 

しぐさや行動から気持ちを読み解くことができれば、より愛犬との絆を深めることができると思います。

 

スポンサーリンク

かまってほしい

飼い主さんの気を引きたい、かまってほしいときのしぐさや行動として2つ紹介。

前足でトントン

飼い主さんに前足でトントン叩いたりするボディタッチは、気を引くためのしぐさ。

かまってほしいという無言の訴えです。

目の前であおむけ

目の前であおむけになって見つめてくるのは、触ってほしいという意思表示。

かまってほしい気持ちが強くなると、そのまま吠えてくることもあったりする。

ストレスを感じているしぐさや行動

わりと重要な気がする、ストレスを感じているときに見せるしぐさや行動を紹介。

耳を伏せる

耳を後ろに伏せているのは、怖がっている証拠。

知らない人が近づいてきたりして、怖いなにかがあると、耳を後ろに伏せてしまいます。

あくび

ストレスを感じたときや緊張しているときに、落ち着こうとしてあくびをします。

あくび=眠たいわけではないんです。

身体をブルブル振る

しつけの練習中に、身体をブルブル振るなら、不安や緊張を解消するため。

嫌だな〜と感じている可能性あり。

抱っこのあとに身体をブルブル振るなら、抱っこを嫌だと感じている場合も。

うれしい・楽しい

見ていて嬉しくなる、うれしい・楽しいときに見せるしぐさや行動を紹介。

尻尾を上げて左右に早く振る

犬にとって尻尾は感情がもっとも表れるところ。

尻尾を上げて左右に早く振るのは、うれしかったり、楽しいと感じている証拠。

興奮するほど、尻尾を速く振ります。

ちなみに尻尾を低く下げて、左右にゆっくり振っているのは、イライラしているからです。

頭を低くしてお尻を上げる

前足を突き出して頭を低くしてお尻を上げるポーズは、飼い主さんを遊びに誘っているしぐさです。

おじぎしているようにも見え、尻尾をフリフリと左右に振っているのは、気持ちが盛り上がっているからです。

走って近づいてり、遠ざかったりする

走って飼い主さんに近づいたり、遠ざかったりするのは気持ちが盛り上がっている証拠。

盛り上がった気持ちを飼い主さんと共有しようと、関心を引こうとしているしぐさです。

コメント