【MHWI】12月13日、ムフェト・ジーヴァ登場

mhwi アイスボーン

2019年12月13日に追加された緊急任務クエスト【赤き龍】。覚醒武器という新たな要素が追加されたこともあり、さっそくクエストに参加してみました。

ちなみに期間限定クエストなので注意。期間は2020年1月5日までとなっています。

以前のマムと似た仕様らしい。マルチプレイ推奨で集会所単位でゼノ完全体の討伐を目指す。

あ、そうそう。名前が明らかになったんでした。ゼノ完全体はムフェト・ジーヴァというそうです。

mhwi
モンスターハンターワールド:アイスボーン_20191222225907
スポンサーリンク

さっそく参加

初見で参加した野良パーティーで初戦は三層エリア全滅。

クエスト2回目で討伐することができて、なんとかクリアしました。

ふんふん、なるほどなるほどとクリアの余韻に浸りながら、報酬の覚醒武器を受け取るときに、とんでもないミスをしてしまうことに…

何も見ずに最初に並んでいる武器を3つ受け取ったら、報酬受け取り画面が終了してしまった。

どんな武器が手に入ったかを、見ることなく報酬画面が閉じてしまった。

ああ、やってしまった…

以前のマム武器と同じで、全部入手できると思っていたので、報酬受け取り画面でボタンを連打したのが原因。

今回は獲得した武器から3〜4個しか選べないようになっているのでご注意を…

感想

クエストのステージは3層まで。

ムフェト・ジーヴァはステージの地脈エネルギーで回復するようで、モンスターの体力とステージの体力の両方を削るような感じになっていました。

2層から一撃必殺を使ってきますが、飛んだのを確認してからでも退避は間に合います。

ただ、3層の一撃必殺は見てから退避しても間に合わないくらい、一撃必殺の動作が早くなっているので注意が必要です。

退避場所を目視で確認しながら戦うと安全に感じました。

そして3層での一撃必殺は退避場所が無い状態でもやってくるようです。

DPSチェックということでしょうか…火力不足判定を受けると全滅の危険が…

戦いの最中に敵視を取ることができるのですが、この敵視は敵視を維持することでエネルギーを減らせるようです。

ただあんまり気にならなかったですね。違いがいまいち体感できず、別にって感じでした。

私は属性ヘビィボウガンでシルソル4部位で破壊王を積んだスキル構成で参加しました。

やってみて思ったのが、敵視を取ったときはモンスターと距離をあけないこと。

モンスターが走り回るし、なにより距離をあけているとガードできない拘束攻撃を受けてしまうからです。

これが厄介。拘束されてしまうと味方の粉塵による援護がないと、強制的に体力1にされて倒れてしまいます。

これを連発されて何度も拘束されてしまうと、PTの粉塵を使い切ってしまいます。

まだヘビィボウガンでしか参加しておらず、ヘビィボウガンでの避け方しかわかりませんが、くねくねと拘束突進攻撃してきたら、抜刀状態の場合は左にコロンと回転すれば比較的簡単に避けれます。

引きつけてから回避行動をとっても十分間に合うので、慣れれば簡単かも。

納刀状態なら左に逃げればまず問題ないですね。

各層のギミックについて

1層目には落石ポイントが2つあります。石ころが落ちてる壁を上に見ると、申し訳なさそうにあります。マップでもマークされてますね。

2層目には特になし

3層目はガス爆発する場所が3つあります。

出現するとマップにも表示されていますが、緑色の瘴気?がガス爆発する場所です。

ダメージも申し分ないし、敵視を取った人は誘導するのもありだと思います。

すんなりついてきてくれるし、なによりガス爆発を2回あてると、長時間ダウンしてくれます。ガス爆発する場所が発生するタイミングは、NPCが教えてくれますし、マップに表示されたのを確認するのもいいです。

誘導したらモンスターが勝手に爆発するのを待っているのもいいですが、こちらからスリンガーで爆発させることもできます。

現状ではこれくらいかな?まだ覚醒武器もどんな種類があるかわからないので、とにかく調査を続行します。

コメント