シンクの水垢、コンロの焦げ汚れを100円グッズで解決

シンクの水垢って一度気にしてしまうと、気になって気になって仕方がないですよね。

それと同じく、コンロやレンジについた焦げも、一度気にしてしまうと気になって仕方がない。

そんな気になるシンクの水垢とコンロやレンジについた焦げ問題を、100円グッズを使って解決する方法を紹介します。

スポンサーリンク

シンクの水アカ問題を100円グッズを使って解決

用意するものはラップと100円グッズのレモンスプレー、そしてレモン。

1、レモンの先端を切ります。

2、レモンの切り口にレモンスプレーをねじ込む。

3、レモンスプレーを最後までねじ込めたら、レモンを少し揉み込めば完成。レモン汁がかけられるスプレーになりました。

4、水垢汚れが気になるところに、スプレーをかけてラップでこする。するとピカピカになります。このグッズを使えば、シンクの壁や狭い場所もピンポイントでかけられます。

5、最後に水で流してから拭き取るだけです。

100円グッズのレモンスプレーの本来の使い方は、唐揚げや焼き魚に均等にレモンをかけられる便利なグッズです。

レンジやコンロの焦げつき問題を100円グッズを使って解決

レンジやコンロの焦げってなかなか落ちないですよね。

こびりついた汚れは、いくらこすっても取れないので悩みます。

そしてほったらかしにしてしまい、 気付いた時には取り返しがつかないことになっていることも。

自炊をしていると悩まされるのがレンジやコンロ、フライパンなどの焦げ汚れですが、そんな汚れも落としまくってヤバいと話題の100円グッズがあります。

それが多目的クレンザーです。

多目的クレンザーとは油汚れ、焦げ、湯垢にサビなど、これをつけて磨けばなんでも落とせる100円グッズです。

使ってみるとすごいので、100円グッズ界で話題の商品でもあります。

これにデニム生地と合わせて使うことで、簡単に汚れを取れるようになります。

破れてしまったジーンズの継ぎはぎなどに使えるデニム生地は100円ショップで購入できます。

手順

用意するのは多目的クレンザーとデニム生地。

1、デニム生地を水で濡らし絞ります。

2、クレンザーをデニム生地ですくい、汚れが気になるところに塗りつけます。

3、デニム生地でこするだけで、頑固な汚れがピカピカになります。

デニム生地を使う理由

クレンザーとは研磨剤を含んだ洗剤のこと。

スポンジや布を使うとクレンザーを吸ってしまい研磨効果が十分に発揮されません。

デニムは生地が細かく、表面にクレンザーが留まるため研磨効果が最大限発揮されます。

ライフハック
スポンサーリンク
シェアする
ハルをフォローする
ハルの小さな枝

コメント