恐ろしの森 でっとばいでいらいと

ども、はじめましてラグといいます。

ここの家主さんのご厚意に甘えさせてもらい、駄文ををいっぱい書かせてもらうことになりました。

基本的に役に立つ内容はありません。

チラシの裏に書かれたラクガキくらいの、軽い気持ちで読んでもらえると幸いです。

ちなみにデットバイデイライトっていうゲームの全力脳内妄想になります。

スポンサーリンク

恐ろしの森に迷い込む

気がつけば焚火を前に座っていた。どうやら森の中にいるらしい。霧が濃く、静かな森だ。

目を閉じて考える。ここはどこなのか?なぜここにいるのか?

ぶっ!!

思わず屁をこいてしまった。普段使わない頭を使ってしまった生理現象だろう。

放屁をかましてスッキリしたためか、思い出すことができた。

そうだ、友達に面白いから一緒にやろうと勧められてここに来たのだ。

だが、この森に誘ってきた友達の姿はどこにも見当たらない。

友達が言うには『ぷらっとふぉーむ』なるものが違うそうだ。

よくわからないが、存在している世界というか次元が違うらしい。

友達がいる世界は『ぴーし~』と呼ばれていて、私がいる世界は『ぴーえすふぉ~』だそうだ。

なので、この森に誘った当人は初めからこの森に存在しておらず、私はひとりでここで立ちつくしているわけだ。

今の状況をわかりやすく表現するなら『ぼっち』でいいだろう。

そう『ぼっち』

……、悲しくなんて…ない(遠い目)

他の彷徨う人たちと合流

なんてことを考えていたら突然、目の前に人が現れた。

よかった、人がいる。ってちょっと待って…どう見ても外国人なんですけど…

ワタシ、英語、ゼンゼン、話せない、ヨ。

なんてテンパっていたら、さらに人が増えた。

なんとかして『こみゅにけーしょん』を取り、ニーチャンとネーチャンと意思の疎通を図らねば…

と、思ったけども『ちゃっと』ができない。

『ぴーし~』では『ちゃっと』ができるらしいが、ここ『ぴーえすふぉ~』ではできないようだ

そして音が鳴り、心臓音がドクンドクンと音を立てる。

どうやら闇のゲーム、儀式が始まったらしい…

私を含め、ここに集った仲間たち4人で生存をかけたサバイバル生活のはじまりである。

儀式開始

そして、なんだかよくわからないところに放り出された。

近くにさっきのニーチャンがいる。このときに改めて知った。

ーおいどんもめちゃんこ外国人やんー

草は生えないが草が生えた(白目)

それはそうと、私は『ちゅーとりある』はしっかり済ませている。

なので、何をどうすればいいのか知っている。この森でやる事はひとつ。

私達を追ってくる存在から逃げつつ、処刑される前にこの森から脱出すること。

この森は四方を壁に囲われている。壁をのぼることはできず、この森から脱出するにはゲートをくぐって逃げるしかない。

そのゲートも今は閉まっている。このゲートを開けるには、発電機を5個直してゲートに通電させねばならない。

まずは発電機を探さなくては…

というか、目の前にあったわ。ラッキー。

さっそく修理開始。ときおり「ピコーン」と音が鳴って『すきるちぇっく』が発生する。

ドーンッ

この『すきるちぇっく』は失敗すると、このように発電機が軽く爆発する。

なんか『すきるちぇっく』が『ちゅーとりある』のときと違ってたんですが…

これがうわさの『はめつ』ってやつでんな?

すぐに光ったドクロを見つけて破壊しないと…

なんて考えていたら、急に怖くなってしまい、どう動いていいかわからなくなった。

キラーと初遭遇

怖くなって隠れながら移動を繰り返していたら、心臓がドクンドクン鳴り始める。

この息苦しい感じは危険が迫っている証拠。

なんて考えていたら、追いかけてくる存在・キラーが向こうから一直線に向かってくる。

んん?…見つかっては無いと思うけど…

ここは隠れてやり過ごそう。

まるでこちらを発見しているかの如く近づいてくるな…

あっはんうっふん

突然攻撃された。我ながらとんでもない悲鳴でそっちも気になってしまった

一撃を貰って、恐ろしの森名物『ちぇいす』が始まった。

お相手のキラーは『とらっぱーのとらちゃん』

そして私の初『ちぇいす』は10秒前後で終わった。

担がれてそのまま終焉

ただただ一直線に逃げるだけで二撃目を貰ってダウン。

そのままフックへ。

あ゛あ゛~~~っ

見てるだけで痛いですぅ

フックに吊られてから見える景色はすごい。

他のメンバーがどこにいるか『おーら』でよく見える

フックから脱出を試みるのはダメだと聞いている。

大人しく救助を待とう。

しかし、救助されることがなく、私は『えんてぃてぃ様』にお空へと連れて行かれてしまいました。

こうして私の初儀式は終わった。

終わったあと、『りざるとがめん』で『ぱーく』の説明をまじまじ読んで、気がついたら見た事ある焚火が目の前にあった。

でっとばいでいらいと
スポンサーリンク
シェアする
raguをフォローする
ハルの小さな枝

コメント